直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ホーエンツォレルン朝

国王ヴィルヘルム2世の子供


すべて前妻の子
●ヴィルヘルム 皇太子 
メクレンブルク=シュヴェリーン大公女ツェツィーリエと結婚
●アイテル・フリードリヒ 
オルデンブルク大公女ゾフィー・シャルロッテと結婚・離婚
●アーダルベルト 
ザクセン=マイニンゲン公女アーデルハイトと結婚
●アウグスト・ヴィルヘルム 
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公女
アレクサンドラ・ヴィクトリアと結婚・離婚
●オスカー 
バッセヴィッツ=レーヴェツォー女伯爵イーナ・マリーと貴賤結婚 
●ヨアヒム 
アンハルト公女マリー・アウグステと結婚・離婚・本人自殺
●ヴィクトリア・ルイーゼ 
ブラウンシュヴァイク公エルンスト・アウグストと結婚




●ヴィルヘルム 皇太子●子供6人 
1882-1951 69歳没
メクレンブルク=シュヴェリーン大公女ツェツィーリエと結婚
1886-1954 68歳没

*夫婦仲は長く良好だったが、ドイツ帝国崩壊後は
義父母ヴィルヘルム2世夫妻や夫ヴィルヘルムと共に亡命することを拒否、
子供たちと共にベルリンに残った。
ヴィルヘルムはナチスに傾倒し、放蕩の果て薬物中毒で死亡。
a0130272_22355973.jpg

a0130272_22361630.jpg

a0130272_22363096.jpg

a0130272_2237570.jpg

a0130272_22371755.jpg

a0130272_2238368.jpg

a0130272_22382279.jpg

a0130272_22383686.jpg

a0130272_22384983.jpg

a0130272_223912.jpg





●アイテル・フリードリヒ●実子ナシ 
1883-1942 59歳没
オルデンブルク大公女ゾフィー・シャルロッテと結婚・離婚
1879-1964 85歳没

*ゾフィーは27歳で結婚、47歳で離婚、
48歳で平民ハーラルト・ファン・ヘーデマンと再婚、85歳没
a0130272_22323518.jpg

a0130272_2233138.jpg

a0130272_22331235.jpg

a0130272_22332291.jpg

a0130272_2233353.jpg

a0130272_2233515.jpg





●アーダルベルト●子供2人 
1884-1948 64歳没
ザクセン=マイニンゲン公女アーデルハイトと結婚
1891-1971 80歳没
a0130272_22342220.jpg

a0130272_22343634.jpg

a0130272_22344781.jpg

a0130272_22345995.jpg

a0130272_2235925.jpg

a0130272_22352144.jpg

a0130272_22353272.jpg





●アウグスト・ヴィルヘルム●子供1人 
1887-1949 62歳没
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公女
アレクサンドラ・ヴィクトリアと結婚・離婚 イトコ結婚
1887-1957 70歳没

*アレクサンドラは、21歳で結婚して子供1人、33歳で離婚、
35歳でアルノルト・リューマンと再婚、46歳で離婚、70歳没。
a0130272_22361611.jpg

a0130272_22362884.jpg

a0130272_22364084.jpg

a0130272_22365286.jpg

a0130272_2237557.jpg

a0130272_22371761.jpg

a0130272_22372832.jpg





●オスカー●子供4人 
1888-1958 70歳没
母妃の女官イーナ・マリーと貴賤結婚 
1888-1973 85歳没
a0130272_2237445.jpg

a0130272_22375653.jpg

a0130272_2238714.jpg

a0130272_2238196.jpg

a0130272_2239241.jpg

a0130272_22393755.jpg





●ヨアヒム 
1890-1920 30歳没
アンハルト公女マリー・アウグステと結婚・離婚・本人自殺
1898-1983

*ヨアヒムは離婚後ピストル自殺。

*マリーは18歳で結婚して子供1人、22歳で離婚、
28歳でヨハンネス・ミヒャエル・フォン・ロエン男爵と再婚、37歳で離婚、85歳没。
a0130272_22395794.jpg

a0130272_22401157.jpg

a0130272_22402787.jpg

a0130272_22405218.jpg

a0130272_22416100.jpg

a0130272_22411840.jpg

a0130272_22413145.jpg

a0130272_22414166.jpg

a0130272_22415488.jpg

a0130272_224287.jpg





●ヴィクトリア・ルイーゼ●子供5人 
1892-1980 88歳没
ブラウンシュヴァイク公エルンスト・アウグストと結婚
1887-1953 66歳没
a0130272_22424975.jpg

a0130272_2243243.jpg

a0130272_22431744.jpg

a0130272_22432922.jpg

a0130272_22433943.jpg

a0130272_22434971.jpg

a0130272_224478.jpg

a0130272_22441866.jpg

a0130272_22442625.jpg

a0130272_22443791.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-16 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

◆国王/3代ドイツ皇帝 ヴィルヘルム2世 最後の国王
先代フリードリヒ3世の子
1859-1941 29歳即位 82歳没

*第一次世界大戦で大敗し、国王一家は亡命した。

*ヴィクトリア女王の孫にあたる。
即位してオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフを表敬訪問した際、
偶然イギリスの皇太子時代のエドワード7世もウィーンを訪問中だった。
しかし<皇帝>に会いに来た<皇帝>ヴィルヘルム2世は、
皇太子に過ぎない叔父エドワード7世と会うことを断った。
エドワード7世の母ヴィクトリア女王は激怒し、
孫ヴィルヘルム2世はお祖母ちゃまから出入り禁止を言い渡された。

*ヴィルヘルムは逆子で生まれたせいか生まれつき左手が不自由だった。
母ヴィクトリアがそれを疎んじたため、
母の祖国イギリス敵対政策の一因になったと言われる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ロシア首相 セルゲイ・ウィッテ

ヴィルヘルム2世は態度や挙動から見て、一言で言えば大の気取り屋だった。
ピンとなったヒゲ・軽妙な歩調・衒気沢山の優雅ぶり、
どう見てもプロシアの近衛士官の典型であった。
思わせぶりや気取り屋をまったく好かないロシア皇帝アレクサンドル3世は、
むろんヴィルヘルム2世と気の合うはずがなかった。
息子の皇帝ニコライ2世も、やはりヴィルヘルム2世を嫌った。
ヴィルヘルム2世がアレクサンドラ皇后に対して、
ロシアの皇后ではなくドイツ領内の小公国の公女に対する態度を取ったからである。
しかしヴィルヘルム2世が人物として
ニコライ2世より立ち勝っているのは誰の目にもはっきりわかる。
見かけにおいてもヴィルヘルム2世の方がはるかに皇帝らしい。

ヴィルヘルム2世は軍服道楽であった。
勲章や服装を着飾る事が病的なぐらい好きであった。
彼はロシア提督の軍服を非常に欲しがっていた。
ベルリンから私の所へ一着頼んで寄こしたのである。
しかしその機会を得ないうちに皇帝アレクサンドル3世は間もなく死んだのである。
私はその後皇帝ニコライ2世にその話をして、
皇帝はヴィルヘルム2世にロシア提督の軍服を贈った。
ヴィルヘルム2世は今度、ロシアの侍従長の制服が欲しいと言い出した。
しかし、話はうまくまとまらなかった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

a0130272_2034918.jpg

a0130272_203420100.jpg





■前妻 アウグステ・ヴィクトリア
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク公爵フリードリヒ8世の娘
1858-1921 23歳結婚 63歳没
a0130272_20343933.jpg

a0130272_1836172.jpg

a0130272_18362575.jpg

a0130272_18381820.jpg

a0130272_20351546.jpg

a0130272_17554654.jpg

a0130272_20352448.jpg

a0130272_203535100.jpg





■後妻 ヘルミーネ・ロイス・ツー・グライツ バツイチ 28歳年下 夫63歳&妻35歳で再婚
ロイス=グライツ侯ハインリヒ22世の娘 
1887-1947 60歳没
 
*20歳でシェーナイヒ=カロラート侯子ヨハン・ゲオルクと結婚して子供4人、33歳で死別、
35歳でヴィルヘルム2世と再婚、60歳没
a0130272_20355123.jpg

a0130272_1837078.jpg

a0130272_20361459.jpg

a0130272_20363046.jpg

a0130272_20364611.jpg

a0130272_20365733.jpg



すべて前妻の子
●ヴィルヘルム 皇太子 
メクレンブルク=シュヴェリーン大公女ツェツィーリエと結婚
●アイテル・フリードリヒ 
オルデンブルク大公女ゾフィー・シャルロッテと結婚・離婚
●アーダルベルト 
ザクセン=マイニンゲン公女アーデルハイトと結婚
●アウグスト・ヴィルヘルム 
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公女
アレクサンドラ・ヴィクトリアと結婚・離婚
●オスカー 
母妃の女官イーナ・マリーと貴賤結婚 
●ヨアヒム 
アンハルト公女マリー・アウグステと結婚離婚・本人自殺
●ヴィクトリア・ルイーゼ 
ブラウンシュヴァイク公エルンスト・アウグストと結婚


ヴィルヘルム2世と6人の息子
a0130272_2249536.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-15 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

国王フリードリヒ3世の子供


●ヴィルヘルム2世 次代皇帝
●シャルロッテ 
ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト3世と結婚
●ハインリヒ 
ヘッセン大公女イレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットと結婚
●ヴィクトリア 
シャウムブルク=リッペ侯子アドルフと結婚死別、ロシア人アレクサンドル・ズブコフと再婚
●ゾフィー 
ギリシャ国王コンスタンティノス1世と結婚
●マルガレーテ 
フィンランド国王カールレ1世と結婚




●ヴィルヘルム2世 次代皇帝 愛称ウィリー
a0130272_1182559.jpg





●シャルロッテ●子供1人 愛称ディッタ
1860-1919 59歳没
ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト3世と結婚
1851-1928 77歳没

*シャルロッテは幼い頃から感情が制御できず奇行が多かったが、
後年、母妃の実家イギリス王室に続く遺伝病の一つポルフィリン症であったことが判明した。
一人娘フェオドラも同じ病気で自殺している。
a0130272_1184653.jpg

a0130272_1185796.jpg

a0130272_119944.jpg

a0130272_1191854.jpg

a0130272_119443.jpg





●ハインリヒ●子供3人 愛称ヘンリー
1862-1929 67歳没
ヘッセン大公女イレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットと結婚 血友病保因者
ヴィクトリア女王の孫 イトコ結婚
1866-1953 87歳没

*3男のうち、長男と三男が血友病。
a0130272_14461449.jpg

a0130272_14462423.jpg

a0130272_14463478.jpg

a0130272_14464715.jpg

a0130272_14465962.jpg

a0130272_1447782.jpg

a0130272_14471726.jpg

a0130272_14472578.jpg

a0130272_14473699.jpg

a0130272_14474738.jpg

a0130272_14475679.jpg

a0130272_1448552.jpg





●ヴィクトリア●実子ナシ 愛称モレッタ
1866-1929 63歳没

*24歳で結婚、50歳で死別、61歳で再婚。
a0130272_121741.jpg

a0130272_1211773.jpg

a0130272_1212640.jpg

■前夫 シャウムブルク=リッペ侯子アドルフ 死別
1859-1916 57歳没
a0130272_1213892.jpg

a0130272_1214852.jpg

■後夫 ロシア人アレクサンドル・ズブコフ 35歳年下 夫26歳&妻61歳で再婚
1901-1936 35歳没
a0130272_122438.jpg

a0130272_1221448.jpg





●ゾフィー●子供6人 愛称ソッシー
1870-1932 62歳没
ギリシャ国王コンスタンティノス1世と結婚
1868-1923 55歳没
a0130272_1223736.jpg





●マルガレーテ●子供6人 愛称モッシー 
1872-1954 82歳没
フィンランド国王カールレ1世と結婚
1868-1940 72歳没
a0130272_1233126.jpg

a0130272_1234128.jpg

a0130272_1235229.jpg

a0130272_124583.jpg
a0130272_1241870.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-14 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

◆国王/2代ドイツ皇帝 フリードリヒ3世
先代ヴィルヘルム1世の子
1831-1888 57歳即位 57歳没

*即位して3ヶ月で亡くなったため、<百日皇帝>と呼ばれる。


■妻 ヴィクトリア 愛称ヴィッキー
イギリス女王ヴィクトリアの娘
1840-1901 18歳結婚 61歳没
a0130272_18174491.jpg

a0130272_18175181.jpg

a0130272_18175976.jpg

a0130272_1818786.jpg

a0130272_181815100.jpg

a0130272_18182531.jpg

a0130272_18183222.jpg

a0130272_1818401.jpg

a0130272_18184836.jpg

a0130272_18185638.jpg

a0130272_1819613.jpg

a0130272_18191328.jpg

a0130272_18192148.jpg

a0130272_18193434.jpg





●ヴィルヘルム2世 次代皇帝
●シャルロッテ 
ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト3世と結婚
●ハインリヒ 
ヘッセン大公女イレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットと結婚
●ヴィクトリア
シャウムブルク=リッペ侯子アドルフと結婚死別、ロシア人アレクサンドル・ズブコフと再婚
●ゾフィー 
ギリシャ国王コンスタンティノス1世と結婚
●マルガレーテ 
フィンランド国王カールレ1世と結婚
[PR]
by xMUGIx | 2009-01-13 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

国王ヴィルヘルム1世の子供


●フリードリヒ3世 次代国王
●ルイーゼ 
バーデン大公フリードリヒ1世と結婚




●フリードリヒ3世 次代国王
a0130272_1822377.jpg





●ルイーゼ●子供3人→娘ヴィクトリアはスウェーデン王グスタフ5世王妃
1838-1923 85歳没
バーデン大公フリードリヒ1世と結婚
1826-1907 81歳没

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ルイーゼの孫息子スウェーデン王子ヴィルヘルムと結婚離婚 マリア・パヴロヴナ大公女

バーデンの宮廷では最も厳格な宮廷作法が伝承されていたので、
家族だけの水入らずの集いさえも厳粛に取り仕切られていた。
あたかも他の楽しみを奪われた偉大な人物達が、
役者にでもなったつもりで芝居遊びに耽っているかのようだった。

ルイーゼ大公女は今日では探そうにも探し得ない、一時代前を代表する王女だった。
厳格な主義主張と鉄のような意思を併せ持つ、
非常に聡明な誰もが驚嘆するほど何事にも造詣の深い年配の貴婦人だった。
そんな老貴婦人がまったく年端もいかない私を徹頭徹尾丁重な敬意をもって遇するのには、
私の方が戸惑うぐらいだった。
毎朝8時に自分の小間使いを私の部屋へ寄こし前夜よく休めたか伺候させる事に始まり、
その心遣いは尽きる事がなかった。
夫と私が朝食に向かっている所にも頻繁に姿を見せた。
そんな時にも彼女は黒クレープ地の喪服に身を正し裳裾を引いて現れ、
黒手袋をした手には扇を揺るがせていた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

a0130272_15414914.jpg
a0130272_1542046.jpg
a0130272_15421567.jpg

a0130272_15422823.jpg
a0130272_1542378.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-12 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

◆国王/初代ドイツ皇帝 ヴィルヘルム1世
先代フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の弟
1797-1888 64歳即位 91歳没

*<鉄血宰相>ビスマルクと二人三脚で国政にあたった。

*ドイツ統一を果たし初代ドイツ皇帝となるが、
ヴィルヘルム自身はプロイセンが消滅することを嘆き悲しんだ。
a0130272_2057522.jpg

a0130272_21152893.jpg

a0130272_20571716.jpg



■妻 アウグスタ
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの娘
1811-1890 18歳結婚 79歳没
a0130272_012529.jpg

a0130272_013637.jpg

a0130272_20573981.jpg

a0130272_20574980.jpg

a0130272_2057583.jpg

a0130272_20582947.jpg



●フリードリヒ3世 次代国王
●ルイーゼ 
バーデン大公フリードリヒ1世と結婚




★王の元婚約者エリザ・ラジヴィウヴナ●未婚
アントニ・ヘンリク・ラジヴィウ公の娘
1803-1834 31歳没

*本来ヴィルヘルム1世は次男で王位を継ぐ可能性が低かったため
エリザとの婚約には問題がなかった。
ところが兄フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に嫡子がなかったため、
自身が王位につくか嫡子が王位につく可能性が高くなった。
そこでエリザの身分の低さが問題となり破談に至る。
a0130272_15395457.jpg
a0130272_1540273.jpg
a0130272_15401091.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-11 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

◆国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世●実子ナシ
先代フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の子
1795-1861 45歳即位 66歳没

*歴史・芸術・建築に造詣が深く多才で、口下手な父王と違って話術にも長けていた。
<王座のロマン主義者>と呼ばれた。

*父王と同じく優柔不断で大飢饉へ対応が遅れたため、
<ベルリン三月革命>を招いてしまう。
a0130272_20174564.jpg

a0130272_23111029.jpg

a0130272_23105586.jpg



■妻 エリーザベト・ルドヴィカ
バイエルン国王マクシミリアン1世の娘
1801-1873 22歳結婚 72歳没
a0130272_23112218.jpg
a0130272_23113132.jpg
a0130272_23113843.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-10 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の子供


すべて前妻の子
●フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 次代国王
●ヴィルヘルム1世 次々代国王
●シャルロッテ→ロシア皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ 
ロシア皇帝ニコライ1世と結婚
●カール 
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女マリーと結婚
●アレクサンドリーネ 
メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒと結婚
●ルイーゼ 
オランダ王子フレデリックと結婚
●アルブレヒト 
オランダ王女マリアンネと結婚離婚、妻の女官ロザーリエ・フォン・ラオホと貴賎結婚




●フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 次代国王
a0130272_20184442.jpg





●ヴィルヘルム1世 次々代国王
a0130272_20185931.jpg





●シャルロッテ→ロシア皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ●子供7人 
1798-1860 62歳没
ロシア皇帝ニコライ1世と結婚
1796-1855 59歳没
a0130272_203051.jpg





●カール●子供3人 
1801-1883 82歳没
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女マリーと結婚
1808-1877 69歳没
a0130272_223369.jpg

a0130272_2235551.jpg

a0130272_2244176.jpg

a0130272_2234781.jpg

a0130272_2241641.jpg

a0130272_2243060.jpg

a0130272_2244934.jpg





●アレクサンドリーネ●子供2人 
1803-1892 89歳没
メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒと結婚
1800-1842 42歳没
a0130272_1371475.jpg

a0130272_2319515.jpg

a0130272_1373718.jpg

a0130272_137281.jpg

a0130272_2320066.jpg





●ルイーゼ 
1808-1870 62歳没
オランダ王子フレデリックと結婚
1797-1881 84歳没
a0130272_1361853.jpg

a0130272_04222100.jpg

a0130272_0424151.jpg

a0130272_0421399.jpg

a0130272_0423237.jpg

a0130272_0425690.jpg





●アルブレヒト●前妻に子供3人、後妻に子供2人 
1809-1872 63歳没
a0130272_135373.jpg

a0130272_14389.jpg

■前妻 オランダ王女マリアンネと結婚・離婚
1810-1883 73歳没

*20歳でアルブレヒトと結婚して子供3人、35歳でヨハネス・ファン・ロッスムと駆け落ち、
39歳でアルブレヒトと離婚してロッスムと再婚して子供1人、73歳没。
a0130272_1251635.jpg

a0130272_1252813.jpg

a0130272_1253785.jpg

a0130272_1254871.jpg

a0130272_1255744.jpg

■後妻 妻の女官ロザーリエ・フォン・ラオホと貴賎結婚 夫44歳&妻33歳で再婚
1820-1879 59歳没
a0130272_135341.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-09 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

◆国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世
先代フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の子
1770-1840 27歳即位 70歳没

*無口で、主語を使わずに話す癖があり、動詞の活用をさせない文章を話すことから、
<不定詞王>というあだ名がついた。
a0130272_19204854.jpg

a0130272_19205926.jpg

a0130272_19211175.jpg



■前妻 ルイーゼ
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘
1776-1810 17歳結婚 34歳没

*フリードリヒは優柔不断で頼りない王で、
優れたルイーゼの決断力が必要なためいつも戦場に同伴した。
ナポレオンとの会談ではルイーゼが直接対決した。

*美貌と知性を兼ね備えたルイーゼは<プロイセンの輝く星><プロイセンの薔薇>と呼ばれ、
愛国の王妃として国民から絶大な人気を得ていた。
誠実な夫との夫婦仲は円満であった。
a0130272_1921275.jpg

a0130272_19213549.jpg

a0130272_19214457.jpg

a0130272_19215344.jpg

a0130272_1922233.jpg

a0130272_19221072.jpg



■後妻 アウグステ 貴賤再婚 30歳年下 夫54歳&妻24歳で再婚
ハラハ伯フェルディナント・ヨーゼフ・フォン・ハラハ・ツー・ローラウの娘
1800-1873 24歳結婚 73歳没●実子ナシ
a0130272_1953091.jpg

a0130272_1953980.jpg

a0130272_19531970.jpg

a0130272_1953273.jpg

a0130272_19533872.jpg



すべて前妻の子
●フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 次代国王
●ヴィルヘルム1世 次々代国王
●シャルロッテ→ロシア皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ 
ロシア皇帝ニコライ1世と結婚
●カール 
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女マリーと結婚
●アレクサンドリーネ 
メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒと結婚
●ルイーゼ 
オランダ王子フレデリックと結婚
●アルブレヒト 
オランダ王女マリアンネと結婚離婚、妻の女官ロザーリエ・フォン・ラオホと貴賎結婚
[PR]
by xMUGIx | 2009-01-08 00:00 | プロイセン

ホーエンツォレルン朝

国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の子供


●前妻の子 フリーデリケ・シャルロッテ 
イギリス王子/ヨーク公爵フレデリックと結婚・別居
●後妻の子 フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 次代国王
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公女ルイーゼと結婚
●後妻の子 ルートヴィヒ 
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公女フリーデリケの1/3番目の夫・本人死別
●後妻の子 ヴィルヘルミーネ 
オランダ王ヴィレム1世の前妻・本人死別
●後妻の子 アウグステ 
ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム2世の1/3番目の妻・本人死別
●後妻の子 ハインリヒ 未婚
●後妻の子 ヴィルヘルム 
ヘッセン=ホンブルク方伯女マリアンネと結婚

*フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とルートヴィヒの兄弟は、
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の姉妹と結婚している。




●フリーデリケ・シャルロッテ●実子ナシ 
1767-1820 53歳没
イギリス王子/ヨーク公爵フレデリックと結婚・別居
1763-1827 64歳没

*フレデリカは不細工でひどい口臭があり、異常に小柄で足のサイズは5,5インチしかなかった。
a0130272_21335896.jpg

a0130272_21341097.jpg

a0130272_21341983.jpg

a0130272_21343010.jpg

a0130272_21344139.jpg

a0130272_2134535.jpg

風刺画
a0130272_2135683.jpg





●フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 次代国王
a0130272_19461349.jpg





●ルートヴィヒ 
1773-1796 23歳没
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公女フリーデリケと結婚・本人死別
姉は国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世妃ルイーゼ
1778-1841 63歳没

*フリーデリケは15歳でルートヴィヒと結婚して子供2人、18歳で死別、
25歳でフリードリヒ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルスと再婚して子供4人、36歳で離婚、
37歳でイギリス王子/カンバーランド公爵エルンスト・アウグストと再々婚して子供1人、63歳没。
a0130272_23291871.jpg

a0130272_23293222.jpg

a0130272_23294177.jpg

a0130272_23295158.jpg





●ヴィルヘルミーネ 
1774-1837 63歳没
オランダ王ヴィレム1世の前妻・本人死別
1772-1843 71歳没

*ヴィレムは、19歳で結婚して子供3人、65歳で死別、
69歳で妻の女官ヘンリエッタ・ドゥートゥルモンと貴賤再婚、71歳没。
a0130272_1301261.jpg





●アウグステ 
1780-1841 61歳没
ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム2世の1/3番目の妻・本人死別
1777-1847 70歳没

*ヴィルヘルムは20歳で結婚して子供3人、
64歳で死別して長年の愛人エミーリエ・オルトレップと再婚して子供7人、
66歳で死別してカロリーネ・フォン・ベルレプシュ男爵夫人と再々婚、70歳没。
a0130272_18122088.jpg

a0130272_18123299.jpg

a0130272_18124168.jpg

a0130272_18125077.jpg

a0130272_18125923.jpg

a0130272_1813947.jpg





●ハインリヒ●未婚
1781-1846 65歳没
a0130272_19365967.jpg





●ヴィルヘルム●子供4人 
1783-1851 68歳没
ヘッセン=ホンブルク方伯女マリアンネと結婚
1785-1846 61歳没
a0130272_1911624.jpg

a0130272_19111651.jpg

a0130272_19112588.jpg

a0130272_19113578.jpg
a0130272_19114326.jpg
a0130272_19115383.jpg
a0130272_1912172.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2009-01-07 00:00 | プロイセン


お気に入りブログ
検索
記事ランキング