直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

<   2001年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ハプスブルク朝

◆皇帝カール6世
先代ヨーゼフ1世の弟
1685-1740 26歳即位 55歳没*胃ガンで死亡
a0130272_1413095.jpg



■妻 エリーザベト・クリスティーネ・フォン・ブランシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフの娘
1691-1750 17歳結婚 59歳没
a0130272_1413042.jpg

a0130272_1413160.jpg

カールは妻を「白き肌のリースル」と呼びこよなく愛した。
おしどり夫婦であったがなかなか子供ができずやっと生まれたのが女子であった。
これが後のマリア・テレジアである。

マリア・テレジアに王位を継がせるために
カールは女子も相続可能であるという王位継承法を制定しておいた。
ハプスブルクの跡取り娘が誰と結婚するのかはヨーロッパで関心の的となった。
しかしマリア・テレジアには意中の男性がいた。
マタイトコのフランツ・シュテファンである。
父帝も彼がお気に入りだったため二人の結婚を認めた。
政略結婚が当たり前であった当時
特に彼女のような強大な国の跡取りが恋愛結婚したのは本当に珍しいことであった。

母のエリーザベトはリウマチのため車椅子で生活するようになったが
マリア・テレジアが待望の男子ヨーゼフ2世を出産した際には
喜びのあまり一時的に歩けるようになったという。


●マリア・テレジア 次代女帝
●マリア・アンナ 
ロートリンゲン公子カール・アレクサンダーと結婚


●マリア・テレジア 女帝
a0130272_1413224.jpg



●マリア・アンナ 
1718-1744 26歳没
ロートリンゲン公子カール・アレクサンダーと結婚
1712-1780 68歳没
a0130272_1413237.jpg
a0130272_1413354.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2001-01-20 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝ヨーゼフ1世
先代レオポルト1世の子
1678-1711 27歳即位 33歳没

*父とは反対の意気軒昂で自負心の強い皇帝だったが急逝する。
a0130272_1412340.jpg





■妻 アマーリア・ヴィルヘルミーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=カレンベルク
ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公ヨハン・フリードリヒの娘
1673-1742 26歳結婚 69歳没
a0130272_1412414.jpg

a0130272_1412526.jpg





●マリア・ヨーゼファ 
ポーランド王アウグスト3世と結婚
●マリア・アマーリエ 
バイエルン選帝侯カール・アルブレヒトと結婚




●マリア・ヨーゼファ
1699-1755 56歳没
ポーランド王アウグスト3世と結婚
1696-1763 67歳没
a0130272_1412581.jpg

a0130272_1412614.jpg

a0130272_1412749.jpg





●マリア・アマーリエ 
1701-1756 55歳没
バイエルン選帝侯カール・アルブレヒトと結婚
1697-1745 48歳没

*アマーリエは狩猟好きで、獲物も自らさばいてジビエ料理を得意とした。
夫はニンフェンブルク庭園内に料理好きの妻のために
豪華な台所を持つアマリエンブルク宮を造った
a0130272_141275.jpg

a0130272_1412811.jpg

a0130272_1412935.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2001-01-19 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

皇帝レオポルト1世の子供


●最初の妻の子 マリア・アントニア 
バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの前妻・本人死別
●3番目の妻の子 マリア・エリーザベト 未婚
●3番目の妻の子 ヨーゼフ1世 次代皇帝
●3番目の妻の子 マリア・アンナ・ヨーゼファ
ポルトガル王ジョアン5世と結婚
●3番目の妻の子 カール6世 次々代皇帝
●3番目の妻の子 マリア・マグダレーナ・ヨーゼファ 未婚



●マリア・アントニア 
1669-1692 23歳没
バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの前妻・本人死別
1662-1726 64歳没
a0130272_2317988.jpg

a0130272_2317235.jpg





●マリア・エリーザベト 未婚




●ヨーゼフ1世 次代皇帝
a0130272_23173794.jpg





●マリア・アンナ・ヨーゼファ 
1683-1754 71歳没
ポルトガル王ジョアン5世と結婚
1689-1750 61歳没
a0130272_23174895.jpg

a0130272_23175848.jpg

a0130272_23181093.jpg





●カール6世 次々代皇帝
a0130272_23182487.jpg





●マリア・マグダレーナ・ヨーゼファ 未婚
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-18 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝レオポルト1世
先代フェルディナント3世の子
1640-1705 18歳即位 65歳没

*皇太子の兄がいたため聖職者となるべく教育されてきたが、皇太子の急逝により即位。

*優れた作曲家でもあった。
生涯のライバル、フランス国王ルイ14世のヴェルサイユバロックに対抗して
オーストリアバロックを作り上げた。「バロック大帝」と呼ばれる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当時の側近の証言

陛下は突き出た巨大な下唇をお持ちである。
陛下の御言葉は必ずしも明瞭とは言えない。
なぜなら、突き出た下唇によって御言葉が閉ざされてしまうからである。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

a0130272_1411418.jpg



■最初の妻 マルガリータ・テレーザ・フォン・シュパーニエン
←マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ
スペイン王フェリペ4世の娘 叔父と姪の近親結婚 死別
1651-1673 15歳結婚 22歳没

*二人の結婚の祝宴は2年も続いた。打ち上げられた花火は7万3000発。
マルガリータはレオポルトを「おじさま」と呼んで仲睦まじかったが死別。
a0130272_19233954.jpg

a0130272_1411531.jpg



■2番目の妻 クラウディア・フェリーツィタス・フォン・エスターライヒ=ティロル 死別
オーストリア大公フェルディナント・カールの娘
1653-1676 20歳結婚 23歳没●実子ナシ
a0130272_1411656.jpg

a0130272_1411638.jpg



■3番目の妻 エレオノーレ・マグダレーネ・フォン・プファルツ=ノイブルク
プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘
1655-1720 21歳結婚 65歳没
a0130272_1411731.jpg

a0130272_1411838.jpg





●最初の妻の子 マリア・アントニア 
バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの前妻・本人死別
●3番目の妻の子 マリア・エリーザベト 未婚
●3番目の妻の子 ヨーゼフ1世 次代皇帝
●3番目の妻の子 マリア・アンナ・ヨーゼファ
ポルトガル王ジョアン5世と結婚
●3番目の妻の子 カール6世 次々代皇帝
●3番目の妻の子 マリア・マグダレーナ・ヨーゼファ 未婚
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-17 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

皇帝フェルディナント3世の子供


●最初の妻の子 フェルディナント4世 皇太子 早逝
●最初の妻の子 マリア・アンナ 
スペイン国王フェリペ4世の後妻
●最初の妻の子 レオポルト1世 次代皇帝
●3番目の妻の子 エレオノーレ・マリア 
ポーランド王ミハウと結婚死別、ロレーヌ公シャルル5世と再婚
●3番目の妻の子 マリア・アンナ・ヨーゼファ 
プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムと結婚




●フェルディナント4世 皇太子 早逝
1633-1654 21歳没
a0130272_141727.jpg



●マリア・アンナ 
1634-1696 62歳没
スペイン国王フェリペ4世の後妻 伯父と姪の近親再婚
1605-1665 60歳没
a0130272_141712.jpg

a0130272_1418100.jpg

a0130272_14196.jpg

マリア・アンナはスペインのバルタサール王太子の婚約者だったが、
早逝したため彼の父フェリペ4世の後妻となる。


●レオポルト1世 次代皇帝
a0130272_141927.jpg



●エレオノーレ・マリア 
1653-1697 44歳没
a0130272_1411052.jpg

a0130272_1411153.jpg

■前夫 ポーランド王ミハウ 死別
1640-1673 33歳没
a0130272_1411148.jpg

■後夫 ロレーヌ公シャルル5世
1643-1690 47歳没
a0130272_1411237.jpg



●マリア・アンナ・ヨーゼファ 
1654-1689 35歳没
プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムの前妻 本人死別
1658-1716 58歳没
a0130272_141132.jpg

a0130272_1411314.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2001-01-16 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝フェルディナント3世
先代フェルディナント2世の子
1608-1654 29歳即位 46歳没

*作曲まで手掛ける音楽愛好家だった。
a0130272_239312.jpg



■最初の妻 マリア・アンナ・フォン・シュパーニエン←マリア・アナ・デ・エスパーニャ
スペイン国王フェリペ3世の娘 イトコ結婚 死別 
1606-1646 25歳結婚 40歳没
a0130272_239573.jpg

a0130272_2310622.jpg



■2番目の妻 マリア・レオポルディーネ・フォン・ティロル 24歳年下
オーストリア大公レオポルト5世の娘 イトコ結婚 死別
1632-1649 16歳結婚 17歳没●実子ナシ
a0130272_23102361.jpg

a0130272_2310331.jpg



■3番目の妻 エレオノーラ・マグダレナ・ゴンザーガ 22歳年下
マントヴァ公子カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルスの娘
1630-1686 21歳結婚 56歳没
a0130272_23105014.jpg





●最初の妻の子 フェルディナント4世 皇太子 早逝
●最初の妻の子 マリア・アンナ 
スペイン国王フェリペ4世の後妻
●最初の妻の子 レオポルト1世 次代皇帝
●3番目の妻の子 エレオノーレ・マリア 
ポーランド王ミハウと結婚死別、ロレーヌ公シャルル5世と再婚
●3番目の妻の子 マリア・アンナ・ヨーゼファ 
プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムと結婚
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-15 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

皇帝フェルディナント2世の子供


すべて前妻の子
●フェルディナント3世 次代皇帝
●マリア・アンナ 
バイエルン選帝侯マクシミリアン1世の後妻
●ツェツィーリア・レナータ 
ポーランド王ヴワディスワフ4世の前妻
●レオポルト・ヴィルヘルム 聖職者




●フェルディナント3世 次代皇帝
a0130272_2312455.jpg





●マリア・アンナ 
1610-1665 55歳没
バイエルン選帝侯マクシミリアン1世の後妻・伯父と姪の近親再婚
1573-1651 78歳没
a0130272_2314532.jpg

a0130272_2315441.jpg

a0130272_232556.jpg





●ツェツィーリア・レナータ 
1611-1644 33歳没
ポーランド王ヴワディスワフ4世の前妻・本人死別
1595-1648 53歳没
a0130272_2321541.jpg

a0130272_232247.jpg





●レオポルト・ヴィルヘルム 聖職者
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-14 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝フェルディナント2世
1578-1637 41歳即位 59歳没
先代マティアスのイトコ

*プロテスタントが最も恐るべき危険人物とみなしていた皇帝である。
ゴリゴリのカトリックであるフェルディナントは
「邪教徒どもに支配されるぐらいなら、荒野で悪魔に魅入られる方がましだ」と言い放ち
プロテスタントを一網打尽にした。
a0130272_1405780.jpg



■前妻 マリア・アンナ・フォン・バイエルン 死別
バイエルン公ヴィルヘルム5世の娘
1574-1616 26歳結婚 42歳没
a0130272_1405813.jpg



■後妻 エレオノーラ・ゴンザーガ 20歳年下
マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世の娘
1598-1655 24歳結婚 57歳没●実子ナシ

*際立った美しさで有名な女性だったという。
a0130272_1405840.jpg



すべて前妻の子
●フェルディナント3世 次代皇帝
●マリア・アンナ 
バイエルン選帝侯マクシミリアン1世の後妻
●ツェツィーリア・レナータ 
ポーランド王ヴワディスワフ4世の前妻
●レオポルト・ヴィルヘルム 聖職者
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-13 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝マティアス●実子ナシ
先代ルドルフ2世の弟
1557-1619 55歳没 62歳没

*兄帝が公務を放棄してひたすら趣味に没頭していたため、
兄帝を引きずり降ろして自分が君主の座に就く。
a0130272_1405515.jpg

a0130272_21351588.jpg



■妻  アンナ・フォン・ティロル
オーストリア大公フェルディナント2世の娘
1585-1618 26歳結婚 33歳没
a0130272_1405588.jpg

a0130272_1405613.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2001-01-12 00:00 | オーストリア

ハプスブルク朝

◆皇帝ルドルフ2世
先代マクシミリアン2世の子
1552-1612 24歳即位 60歳没●未婚
a0130272_1405464.jpg


*プロテスタント寄りの父帝の影響を恐れたスペインハプスブルク家のフェリペ2世は、
皇太子ルドルフ2世をスペイン宮廷に呼び寄せカトリック教育を施す。
父帝とは反対にスペイン宮廷の特殊な雰囲気に大変魅かれ、
厳格なカトリック教徒に育つ。

*幼少期から高い知性を示し、5ヶ国語に通じ天文学に深い関心を持った。
ところが首都をウィーンからプラハに移すと公務を顧みなくなり、
錬金術や芸術品の蒐集に専念するようになる。
天文学者ケプラーやイタリア人画家アンチンボルトなどをオーストリアに招聘した。

*ハプスブルク家一の奇人と言われる。
私生児を数多く作っていながら
婚約者のスペイン王女イサベルを20年以上も待たせた挙句結婚せず、
ウィーンを嫌ってプラハに城を造りここにこもって錬金術や占星術、美術品の蒐集に没頭した。
現在の博物学の祖ともいえる。
[PR]
by xMUGIx | 2001-01-11 00:00 | オーストリア


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング