直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

ロマノフ朝

◆1908年

*皇帝一家は06月初旬からバルト海で静養、約3ヶ月首都を留守にする

*この年のニコライ2世の日記には、アンナの登場は29回


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボグダノヴィチ将軍夫人の日記 1908年02月15日

皇后とヴィルボフに嫁いだ元女官のアンナとの間の奇妙な友情に誰もが驚いている。
小島の多い海に出かけた時、皇帝は甲板室で一人で休まれた。
ところが皇后の方は自分の船室にアンナを連れ込み、彼女とともに一つのベッドで寝た。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ニコライ2世の日記 1908年06月05日

アンナを訪ね、そこでグリゴリーに会い、彼と長時間話をした。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボグダノヴィチ将軍夫人の日記 1908年06月23日

皇后とアンナの間には不自然な友情が存在している。
アンナの夫が妻のもとで見つけた皇后からの手紙は、
彼を悲しい思いに沈ませるような内容だったという。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
皇帝の妹 クセニア・アレクサンドロヴナ大公女の日記 1908年09月20日

ニッキーとアリックスに会いに行った。
アリックスは庭に腰を下ろし、相変わらずいつものようにアンナと一緒だった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ニコライ2世の日記 1908年11月19日

私達はアンナの所に寄ってグリゴリーに会い、長い間彼と話した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボグダノヴィチ将軍夫人の日記 1908年11月18日

*日記に初めてラスプーチンの名前が登場する

農夫ラスプーチンがアンナの家で、皇后と会っている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
皇帝一家の家庭教師 ソフィア・チェッチュワ 大詩人フォードル・チェッチェフの孫娘

1908年の冬の事でした。私は皇女達と教室におりました。
振り返ると廊下に膝までの半コートを着た農夫の姿が目に入りました。
あっ、この人がラスプーチンだなってすぐにピンときました。
私は何の用でここにいるのかと尋ねました。
すると彼は養育係のマリア・ヴィシニャコワに呼ばれたから会いに来たと言いました。
〔マリア・ヴィシニャコワはラスプーチンの熱心な信者だった〕
私は、彼女は忙しいし、だいたいここに入ってきてはいけませんよと答えました。
ラスプーチンは黙って去りました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by xMUGIx | 2008-02-08 00:00 | ロシア
<< ロマノフ朝 ロマノフ朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル