直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

トラスタマラ朝

◆エンリケ4世(カスティーリャ王) 通称:不能王
先代フアン2世の子
1425-1474 29歳即位 49歳没

*ノッポでノロマ、病的なほどの恥ずかしがり屋だった。
赤味がかった美しい金髪に青緑の瞳をしていたが、
黄色い出っ歯と子供の頃のケガのせいで鼻がぺしゃんこで歪んでいた。
さらに風呂嫌いで体臭がひどかった。




■前妻 ブランカ2世 イトコ結婚
アラゴン王フアン2世の娘
1424-1464 16歳結婚 40歳没

*夫エンリケ4世は性的不能であったため処女のまま離婚、
実家に戻されたが実父フアン2世は娘の結婚の失敗を激怒、
幽閉のうえ毒殺された。




■後妻 フアナ・デ・ポルトゥガル イトコ結婚・離婚
ポルトガル王ドゥアルテ1世の娘
1439-1475 16歳結婚 36歳没

*豊かな黒髪に黒い瞳、浅黒い肌でほっそりとしなやかな美少女だった。

*夫が性的不能であったため、
アルブルケルケ公爵ベルトラン・デ・ラ・クエバと関係し娘を生む。

*その後ペドロ・デ・カスティーリャ・イ・フォンセカと関係して子供2人生み離婚、
修道院に送られる。




●後妻の子 フアナ 
通称フアナ・ラ・ベルトラネーハ
(国王の子ではなく王妃の情人ベルトランの娘という意味)
1462-1530 68歳没

*14歳の時、43歳の母方叔父ポルトガル王アフォンソ5世の後妻となるが、
ローマ教皇は近親結婚を理由にこの結婚を無効とする。
フアナは修道院に送られた。
[PR]
by xMUGIx | 2006-01-05 00:00 | スペイン
<< トラスタマラ朝 トラスタマラ朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル