直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

復古ボルボン朝

◆国王アルフォンソ13世
先代アルフォンソ12世の子
1886-1941 0歳即位 55歳没

*浮気性。愛人庶子多数。

*外交では植民地を失い、内政では政治危機が続き、国王一家は亡命、
スペインは共和制に移行した。

*スペイン内戦、フランコ独裁政権時代を経て、孫のフアン・カルロス1世が復位している。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
高松宮喜久子妃 高松宮夫妻は1930年から1931年にかけてヨーロッパ各国を訪問した。

アルフォンソ13世陛下は
自動車のところまで戻ってくると突然宮様〔高松宮〕に向かって、
「今度は妃殿下と御一緒に乗ってもよろしいですか?」とお聞きになった。
不意だったため宮様はちょっと面食らった御様子だったが、
私も内心少なからず驚いた。
私はとうとう陛下の車に乗せられることになってしまった。
心細くて本当に泣きたいような思いがした。親子ほど年の差があるにしても、
よその男の人と二人きりで車に乗ったことなど今までなかったのである。
陛下は私が困った顔をしているのをちゃんと御見通しで、
やさしく話しかけたりなんかして下さる。
そのうち陛下が「暖房は効いていますか?」
と足の下のヒーターを触られた拍子に、私の足に御手が触れた。
しばらくして「妃殿下の履いていらっしゃる靴下はパリ製ですか?」とお聞きになる。
「変な御質問」と思ったが、
考えてみると確かに今日履いてきたのはパリで買った靴下なので、
「はい、そうでごさいます」と言って、赤くなった。
陛下は私の靴下の手触りを御試しになったに違いないと思った。
何だか足がムズムズしてきて、車から降りたくなったけど我慢した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




■妻 ビクトリア・エウヘニア←ヴィクトリア・ユージェニー・オブ・バッテンバーグ 別居
バッテンベルク公子ハインリヒ・モーリッツの娘 ヴィクトリア女王の孫 愛称エナ
1887-1969 19歳結婚 82歳没

*アルフォンソがユージェニーを強く妻に望んだが、
ヴィクトリア女王から続く血友病の遺伝問題から両国は大反対した。
アルフォンソは周囲の反対を押し切って結婚したが、
子供たちが次々と血友病だと分かるとユージェニーを疎んじるようになり夫婦仲は冷え切った。
アルフォンソは多くの愛人と庶子を作るようになり、夫妻は別居に至る。

a0130272_17334372.jpg

a0130272_17335293.jpg

a0130272_1734338.jpg

a0130272_17341216.jpg

a0130272_17342138.jpg

a0130272_17343068.jpg

a0130272_17344097.jpg

a0130272_17344915.jpg

a0130272_1734585.jpg

a0130272_1735735.jpg

a0130272_17354782.jpg

a0130272_17351715.jpg

a0130272_17352625.jpg





●アルフォンソ 血友病
キューバ人エデルミーラ・サンペドロ・ロバートと結婚・離婚、
キューバ人マルタ・ロカフォルトと再婚・本人死別

●ハイメ  聾唖 
フランス貴族エマニュエル・ド・ダンピエールと結婚離婚、
バツイチの歌手シャルロッテ・ティーデマンと再婚

●ベアトリス 
チヴィテッラ・チェシ公アレッサンドロ・トルロニアマリア・クリスティーナと結婚

●マリア・クリスティーナ 
バツイチのエンリコ・マローネ・チンザノ伯爵と結婚

●フアン→子は国王フアン・カルロス1世
ブルボン・シチリア家のマリア・デ・ラス・メルセデスと結婚

●ゴンサーロ 血友病・未婚
[PR]
by xMUGIx | 2006-02-06 00:00 | スペイン
<< 復古ボルボン朝 復古ボルボン朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング