直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

ベルジック朝

◆国王レオポルド3世
先代アルベール1世の子
1901-1983 33歳即位 82歳没
a0130272_15253353.jpg



■前妻 アストリッド・ド・スエード 恋愛結婚
スウェーデン王子カールの娘
1905-1935 21歳結婚 30歳没*交通事故死
a0130272_15254918.jpg

a0130272_15255714.jpg

a0130272_1526688.jpg

a0130272_15261452.jpg

a0130272_15262241.jpg

a0130272_15263183.jpg

a0130272_1526393.jpg

a0130272_15264947.jpg

事故現場
a0130272_1527048.jpg

a0130272_15271288.jpg

a0130272_15272448.jpg



■後妻 リリアン・バエル
大臣アンリ・バエルの娘
1916-2002 25歳結婚 86歳没 夫40歳&妻25歳で再婚
a0130272_15275421.jpg

a0130272_15295212.jpg

a0130272_1530141.jpg

a0130272_15301058.jpg

a0130272_15302113.jpg

a0130272_15302917.jpg

a0130272_15303741.jpg

a0130272_15304696.jpg



*レオポルド3世は段階的に国民の人気を失って退位に追い込まれ、
息子ボードゥアン1世に譲位した。

*第一段階。
前妻アストリッドは国民に大変人気のある王妃だった。
ところがレオポルド3世が運転していた車が湖に突っ込み、
妊娠していたアストリッドはお腹の子供とともに死亡する。

*第二段階。
もともとレオポルド3世が反ユダヤ主義だった上に、ヒトラーと親しいリリアンと再婚する。
反ユダヤの夫&親ナチスの妻という国王夫妻は国民感情を逆なでする。
現代のイギリスのチャールズ皇太子&ダイアナ&カミラの関係に似た雰囲気になってしまった。
(不倫ではなかったが)

*第三段階。
第二次世界大戦時ドイツに侵攻され無条件降伏したことから、
イギリスやフランスから裏切り者・卑怯者と呼ばれる。
国王一家はナチスの捕虜となりドイツで幽閉され、
戦後解放された後も国民の反発のためにベルギーに帰国することができなかった。
スイスで6年亡命生活を送ったのち帰国するが国民に受け入れられず、
退位して息子に譲位した。




●前妻の子 ジョゼフィーヌ=シャルロット 
ルクセンブルク大公ジャンと結婚
●前妻の子 ボードゥアン1世 次代国王
●前妻の子 アルベール2世 次々代国王
●後妻の子 アレクサンドル 
バツ2のリア・ウォルマンと結婚
●後妻の子 マリー・クリスティーヌ
ポール・ドラッカーと結婚離婚、ジャン・ポール・グルグと再婚
●後妻の子 マリー・エスメラルダ 
科学者サルバドール・モンカーダと結婚
[PR]
by xMUGIx | 2010-07-07 00:00 | ベルギー
<< ベルジック朝 ベルジック朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル