直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

愛新覚羅氏

◆清朝9代 咸豊帝
1831-1861 30歳没
8代道光帝の第4皇子
a0130272_230726.jpg

第4皇子奕詝(咸豊帝)と第6皇奕訢(恭親王)は年齢・実力ともに大差なかったが、
父帝は第4皇子の方が優しさがあるとして後継者に定めた。

即位当初は熱心に政務を行ったが、
次第に部下任せになり趣味の芝居見物に熱中するようになった。
周囲が止めても死の二日前まで芝居を見物していた。
病死。


代表的な妃のみ


■東太后/慈安皇太后/孝貞顕皇后
1837-1881 45歳没

9代咸豊帝の皇后
子女なし
a0130272_230787.jpg

a0130272_230719.jpg





■西太后/慈禧皇太后/懿貴妃
1835-1908 72歳没

9代咸豊帝の妃
子は10代同治帝

西太后の父親は清朝の中堅官僚。
17歳の時に3年ごとに紫禁城で行われる選定試験<選秀女>を受けて合格、
翌年18歳で咸豊帝の後宮に入って出世していく。
のちの同治帝となる息子を生んだことで地位は揺るぎないものになったが、
あくまでも第一位の東太后が皇后であり、第二位の西太后は皇后の称号は得られなかった。
a0130272_230858.jpg

a0130272_230854.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2007-01-02 00:00 | 中国
<< 愛新覚羅氏 愛新覚羅氏 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング