直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

ハノーヴァー朝

国王ジョージ3世の子供


●ジョージ4世 
次代国王

●フレデリック 
プロイセン王女フレデリカと結婚

●ウィリアム4世 
次々代国王

●シャーロット 
ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の後妻

●エドワード 
ザクセン・コーブルク・ゴータ公女ヴィクトリアと結婚→娘はヴィクトリア女王

●オーガスタ 
未婚

●エリザベス 
ヘッセン・ホンブルク方伯フリードリヒ6世と結婚

●アーネスト 
メクレンブルク・シュトレーリッツ大公女フリーデリケと結婚

●オーガスタス
ダンモア伯爵の娘オーガスタ・マレーと秘密結婚・離婚、
アラン伯爵の娘/未亡人セシリア・レティシアと秘密再婚 

●アドルファス 
ヘッセン・カッセル・ルンペンハイム方伯の娘オーガスタと結婚

●メアリー 
グロスター公ウィリアム・フレデリックと結婚

●ソフィア 
未婚

●アミーリア 
未婚




●ジョージ4世 次代国王

a0130272_211189.jpg





●フレデリック●実子ナシ 
1763-1827 64歳没
プロイセン王女フレデリカと結婚
1767-1820 53歳没

*妻フレデリカは不細工でひどい口臭があり、
異常に小柄で足のサイズは5,5インチしかなかった。

*内気なフレデリカはぬいぐるみに囲まれて暮らしており、夫の浮気にも寛大だった。

*女優メアリー・アンクラークを愛人とし、
政治家や実業家から賄賂を取っていたことが発覚し失脚。

*その後は、ラットランド公爵夫人エリザベス・ハワードを愛人にした。

夫妻の風刺画
a0130272_2282844.jpg

a0130272_227377.jpg

a0130272_2272013.jpg

a0130272_2273347.jpg

a0130272_2274564.jpg

a0130272_2275854.jpg

a0130272_228998.jpg





●ウィリアム4世 次々代国王

a0130272_211222.jpg





●シャーロット●実子ナシ 
1766-1828 62歳没
ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の後妻
1754-1816 62歳没

*夫フリードリヒの前妻は兄ジョージ4世の妻キャロラインの妹アウグステ。
フリードリヒは結婚直後からアウグステに暴力をふるい、
離婚を申し出たアウグステは不貞の罪で幽閉され24歳で死亡。

*フリードリヒは巨大な肥満体の奇怪なルックスだったが、
シャーロットはこの縁談に飛びついた。新郎は45歳、新婦は30歳であった。

a0130272_211366.jpg

a0130272_211321.jpg

a0130272_211327.jpg





●エドワード→娘はヴィクトリア女王

ジュリー・サン・ローランと27年も夫婦同然の生活を送ったが、
52歳の時に32歳のザクセン・コーブルク・ゴータ公女ヴィクトリアと結婚。
彼女はライニンゲン公エミッヒ・カールの未亡人で二人の子持ちだった。
二人の間には後の女王ヴィクトリアが生まれるが
生後半年でエドワードは死亡する。

a0130272_211350.jpg





●オーガスタ 未婚
1768-1840 72歳没

*父王の侍従武官サー・ブレント・スペンサーと秘密結婚

a0130272_211443.jpg

a0130272_211428.jpg





●エリザベス●実子ナシ 
1770-1840 69歳没
ヘッセン・ホンブルク方伯フリードリヒ6世と47歳で結婚
1769-1829 60歳没

*エリザベスは絵画が堪能だった。

a0130272_21157.jpg

a0130272_211515.jpg

a0130272_211575.jpg





●アーネスト
1771-1854 80歳没
メクレンブルク・シュトレーリッツ大公女フリーデリケと結婚 イトコ結婚 バツ2子持ち
1778-1841

*フリーデリケは15歳でプロイセン王子ルートヴィヒと結婚、
子供2人生み18歳で死別、
25歳でフリードリヒ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルスと再婚、
子供4人生み36歳で離婚、
37歳でイギリス王子/カンバーランド公爵エルンスト・アウグストと再々婚、
子供1人生み63歳没。

*アーネストは完全に常軌を逸した人物で、
些細なことで従僕を殴り殺したり強姦未遂事件も頻繁に起こしていたと言われる。

*フリーデリケも2人の前夫を暗殺したと噂される女性で、似合いの夫婦だった。

a0130272_23313673.jpg

a0130272_23314614.jpg

a0130272_23315695.jpg

a0130272_2332670.jpg

a0130272_23321578.jpg

a0130272_23322583.jpg





●オーガスタス 秘密結婚2回
1773-1843 70歳没

*病弱で転地療養が多く、その先々で秘密結婚をした。

a0130272_211641.jpg



■前妻 ダンモア伯爵の娘オーガスタ・マレー
1768-1830 62歳没

オーガスタスはイタリアを旅行した際彼女と出会った。
2人は父王ジョージ3世の同意のないまま結婚した。
オーガスタスはロンドンに連れ戻された。
裁判所はこの結婚を王の同意を得ていないことから無効だとした。
それでも二人は8年間同棲して子供も生まれた。
しかし彼は議会年金12,000ポンドをもらうためオーガスタと子供たちを捨てた。
オーガスタはさらに子供たちの保護権を保持し年4,000ポンドの養育費も受け取っていた。


■後妻 アラン伯爵の娘セシリア・レティシア
1785-1873 88歳没

サー・ジョージ・バギンの未亡人で王子とは貴賎結婚にあたる。
この結婚も王の同意を得ないものだった。




●アドルファス 
1774-1850 76歳没
ヘッセン・カッセル・ルンペンハイム方伯の娘オーガスタと結婚
1797-1889 92歳没

a0130272_211668.jpg

a0130272_21164.jpg

a0130272_211646.jpg





●メアリー●実子ナシ 
1776-1857 81歳没
グロスター公爵ウィリアム・フレデリックと40歳で結婚 イトコ結婚
1776-1834 58歳没

*40歳でグロスター公爵と結婚するが、粗暴な夫に苦しめられた。

a0130272_23451187.jpg

a0130272_21177.jpg

椅子の2人 左はヴィクトリア女王 右はメアリー
a0130272_211775.jpg

a0130272_211759.jpg





●ソフィア 未婚
1777-1848 70歳没

その生涯の間数多くの噂に付きまとわれた。
56歳の馬丁トーマス・ガースとの間に男子を生んだ。
しかし実は兄のアーネストとの間の子で、
ガースはその尻拭いに過ぎないとも言われている。

ソフィアはヴィクトリア王女の教育係であるジョン・コンロイの魅力の虜となり
彼に自分の資金の管理を任せていた。
ソフィアは10年もの間視力を失って過ごした後に亡くなった。
ソフィアの死後コンロイが彼女の金を使い込んでいたのが発覚した。

a0130272_211819.jpg

a0130272_211827.jpg





●アミーリア 未婚
1783-1810 27歳没

結核になった時の主治医の息子チャールズ・フィッツロイと恋愛関係になり
性病をうつされ27歳で亡くなった。
死後、彼と秘密結婚していたことが発覚した。
遺書には全財産をフィッツロイに贈ると書かれていた。

a0130272_211818.jpg

a0130272_211811.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2005-02-16 00:00 | イギリス
<< ハノーヴァー朝 ハノーヴァー朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング