直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

ステュアート朝

◆女王メアリー2世●実子ナシ
先代ジェームス2世の子
1662-1694 27歳即位 32歳没

*天然痘で死亡。

a0130272_2103918.jpg

a0130272_21415197.jpg

a0130272_210392.jpg





■夫 ウィリアム3世←オラニエ公ウィレム3世 イトコ結婚
オラニエ公ウィレム2世の息子
1650-1702 27歳結婚 51歳没

*暗い性格

*同性愛者

*メアリーよりも12センチも背が低く、痩せて貧弱な醜男だった。

*モグラ塚に脚を取られて落馬して死亡。

a0130272_2104017.jpg





★夫の愛人 アーノルド・ヨース・ファン・ケッペル
1670-1718 48歳没

ウィリアムがイギリスに来る時に連れてきた16歳のオランダ人美少年。
金銭・宝石・土地を惜しみなく与え、アルベルマール伯爵の称号を与えた。
後にエドワード7世の愛人となるアリス・ケッペルの先祖である。
さらにアリス・ケッペルの曾孫がチャールズ皇太子と再婚したカミラ夫人である。

ウィリアムは王の目を盗んで女を追いかけ、女たらしでも有名であった。
男も女も驚きの魔性の愛人体質一族です。




★夫の愛人 ポートランド伯爵ウィリアム・ベンティンク
1649-1709 60歳没




★夫の愛人 エリザベス・ヴィリアーズ/ハミルトン夫人(女性の愛人もいます)
1655-1733 78歳没
チャールズ2世の愛人バーバラ・ヴィリアーズのイトコ。
メアリー女王の女官、メアリー女王、アン女王とは幼なじみであった。

エリザベスは不細工で斜視、しかし聡明で直裁的な話術に長けていた。
メアリー女王は政治にまったく関心がなかったが
ウィリアムは彼女とはそういう議論ができた。
また、周囲にウィリアムとの関係を隠し通す慎重さもあった。

しかし、メアリー女王は天然痘で亡くなるときに夫に手紙を残した。
エリザベスとの不倫を激しくとがめる内容だった。
ウィリアムは土地と年金を渡してエリザベスをお払い箱にした。
40歳だったエリザベスはジョージ・ハミルトン伯爵と結婚し、
3人の子を生み、幸福な結婚生活を送った。

a0130272_2104032.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2005-02-08 00:00 | イギリス
<< ステュアート朝 ステュアート朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング