直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
以前の記事

テューダー朝

◆ジェーン・グレイ●実子ナシ 通称:9日間の女王
サフォーク公爵ヘンリー・グレイの子
1537-1554 16歳没  
a0130272_1803143.jpg

a0130272_1824560.jpg



■夫 ギルフォード・ダドリー
ノーサンバランド公爵ジョン・ダドリーの息子
1535-1554 19歳没
a0130272_18241866.jpg


ヘンリー8世に初めての男子エドワード6世が生まれたため、
貴族の間では未来の王の王妃の座を狙って娘に高等教育を受けさせることが大流行した。
ジェーン・グレイも男性以上の高い教育を受け、有力なお妃候補だった。
ギリシャ語・ラテン語・ヘブライ語・イタリア語・フランス語に通じていた。
しかしエドワード王子が病気で危くなると摂政ジョン・ダドリーはエドワード王子の死を想定して
ジェーンを無理矢理自分の息子ギルフォードと結婚させた。
ジェーンはメアリー王女(後の女王メアリー1世)エリザベス王女(後の女王エリザベス1世)
に次ぐ王位継承者だったからである。

ダドリーは病床のエドワードを日夜訪れメアリー王女が即位したら
カトリックが力を吹き返すだろうと説得した。
プロテスタントのエドワード王子は恐怖に陥りジェーンを次期王位継承者に指名した。
エドワード王子の死によりダドリーたちはジェーン女王を擁立した。
ジェーンは強硬に反対したが動き出した歯車はもう止められなかった。

ダドリーの暴挙に激怒した貴族たちが続々とメアリー王女側につき
孤立無援となったダドリーは降伏した。
ジェーンは夫ギルフォードとともにロンドン塔に投獄された。
最初メアリー1世はダドリーだけを処刑し
利用されたジェーン夫妻は釈放するつもりだった。
しかし今度はジェーンの父親ヘンリー・グレイが<ワイアットの乱>を起こしたため
ジェーン夫妻を処刑せざるを得なかった。
[PR]
by xMUGIx | 2005-01-24 00:00 | イギリス
<< テューダー朝 テューダー朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング