直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

ヨーク朝

■父 ヨーク公爵リチャード・プランタジネット


■母 ウェストモーランド伯爵の娘セシリー・ネヴィル


●アン・オブ・ヨーク
エクセター公爵ヘンリー・ホランドと結婚

●ヨーク公爵エドワード
次代国王エドワード4世となる

●エリザベス・オブ・ヨーク
サフォーク公爵ジョン・ド・ラ・ポールと結婚

●マーガレット・オブ・ヨーク
ブルゴーニュ公爵シャルルと結婚

●クラレンス公爵ジョージ
ウォリック伯爵リチャード・ネヴィルの娘イザベル・ネヴィルと結婚
妹アン・ネヴィルはリチャード3世の妻

●グロスター公爵リチャード
次々代国王リチャード3世となる




◆国王エドワード4世
もとヨーク公爵エドワード・プランタジネット
1442-1483 19歳即位 41歳没

ヨーク家が薔薇戦争に勝利してランカスター家から王位を奪った。
ヨーク朝の始まりである。
しかし敵対するランカスター家のエリザベス・ウッドヴィルと
身分違いの結婚をしたことが大きな過ちとなる。

a0130272_1802361.jpg





■妻 エリザベス・ウッドヴィル 子持ち未亡人
リヴァーズ男爵リチャード・ウッドヴィルの娘→王妃になったため伯爵に格上げされる
1437-1492 55歳没

*15歳で騎士ジョン・グレイと結婚して子供2人、24歳で死別、
27歳で国王エドワード4世と再婚して子供7人、48歳で死別、55歳没。

a0130272_1802375.jpg

a0130272_03873.jpg





エドワードは背が高く胸広く整った顔に洗練された物腰をしていた。
「女のことしか頭になく、女のこととなると理性を失くす」
と言われたほど女好きで手当たり次第だった。
当時ロンドンの富裕層はエドワードが視察に来ると聞くと
妻女を連れて疎開するほどであった。
そしてよりにもよってライバルのランカスター家のエリザベス・ウッドヴィルと結婚する。
それもフランスとの縁談を断っての結婚なのでヨーク家の結束を揺るがした。

エリザベスはランカスター家の騎士ジョン・グレイと結婚したが死別した。
エドワードは6歳年上で2人の子供のある未亡人エリザベスを見初める。
「私は王妃になるには身分が低すぎますが、愛人になるには誇りが高すぎます」
とエリザベスに拒絶されて熱を上げ求婚する。

王妃は周りを自分の身内で固め、国政にも口を出し周囲の反発を買った。
王の弟リチャード3世は再起の機会をうかがっていた。
そこにエドワードが放蕩で命を縮め死亡。
息子がエドワード5世を名乗るが、叔父リチャード3世に王位を奪われる。




●エリザベス・オブ・ヨーク 
国王ヘンリー7世と結婚

●セシリー・オブ・ヨーク 
ジョン・ウェルズと結婚、トマス・クマエと再婚

●エドワード ロンドン塔に幽閉

●リチャード ロンドン塔に幽閉

●アン・オブ・ヨーク 
ノーフォーク公トマス・ハワードと結婚

●キャサリン・オブ・ヨーク 
デボン伯ウィリアム・コートニーと結婚

●ブリジット・オブ・ヨーク 
修道女


エドワード4世はかつてエレノア・バトラーという女性と秘密結婚していたことがあった。
そこでエドワード4世の死後、リチャード3世が兄とエリザベスの結婚は重婚で
かつ身分違いの結婚であると主張したため無効となった。
これにより子供たちは庶子となり王位継承権を失い、リチャードが即位する。

エリザベスは家族とともにウェストミンスター寺院に逃れて細々と命脈を保った。
エドワード皇太子と弟リチャード王子はロンドン塔に幽閉される。
その後「塔の中の王子たち」と呼ばれた兄弟がどうなったのかは不明である。

エリザベスの娘エリザベス王女(母と同名)が後に国王ヘンりー7世と結婚したので
エリザベスの名誉は回復され、修道院で静かな晩年を過ごした。




★王の愛人エリザベス・ショー
貴金属商の妻




★王の愛人エリザベス・ルーシー 庶子2人
小地主の娘

エドワードの死後、不倫女性に対する罰である
<ロウソクを持って市中引き回しの懺悔>をさせられた。
[PR]
by xMUGIx | 2005-01-18 00:00 | イギリス
<< ヨーク朝 ランカスター朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル