直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

アンジュー朝

◆国王ヘンリー3世
先代ジョンの子
1207-1272 9歳即位 65歳没


■妻 エリナー・オブ・プロヴァンス
プロヴァンス伯爵レーモン・ベランジェ4世の娘
1223-1291 13歳結婚 68歳没


ヘンリー3世&エリナー
a0130272_1801414.jpg


最後尾の王冠をかぶった女性がエリナー
a0130272_1801469.jpg





ヘンリーは中背で引き締まった身体をしていたが、心がもろかった。
また片方のまぶたが垂れており、瞳が見えなかったと言われる。

エリナーの父プロヴァンス伯爵は貧乏で有名で、
財産は詩作と美貌に恵まれた4人の娘たちだけだった。
4人の姉妹は全員各国の王妃となった。

ヘンリーは4人姉妹の二女エリナーに求婚したが、
持参金の問題でなかなか話が進まず、
業を煮やしたヘンリーは持参金ナシの花嫁を迎えた。
エリナーはティアラをかぶって嫁いできたので、
イギリスに初めてティアラの習慣が始まった。

*夫婦そろって、信仰に篤く教養があって知的、
しかし浪費家とあらゆる面でお似合いの夫婦だった。

*二人は、衣裳・宝石・宴会などなどの贅沢に湯水のように金を使った。
国庫はたちまち底をつき、貴族たちに上納金を要求したりしたので不満が募った。

*また王妃と一緒に輿入れしたプロヴァンス人が宮廷にあふれ、
国政にまで口をだすようになったため、
国民は「イギリスをイギリス人の手に」と反発した。

*そのためヘンリー3世の55年の治世は反乱の連続だったが、
夫婦そろって天寿をまっとうした。




●エドワード1世 
次代国王

●マーガレット 
スコットランド王アレグザンダー3世と結婚

●ベアトリス 
ブルターニュ公爵ジャン2世と結婚

●エドマンド 通称エドマンド・クラウチバック
アヴリーヌ・ド・フォアと結婚、ブランシュ・ダルトワと再婚
[PR]
by xMUGIx | 2005-01-09 00:00 | イギリス
<< アンジュー朝 アンジュー朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル