直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

ボナパルト朝

皇帝ナポレオン3世の愛人


★元婚約者マチルド・ボナパルト イトコ
1820-1904 84歳没

ナポレオン1世の弟ジェローム・ボナパルトの娘。
ナポレオン3世が逮捕されたため婚約は流れた。
ロシアの大富豪と結婚離婚、莫大な慰謝料を得てパリの社交界に戻る。
皇后ウージェニーとは犬猿の仲で、社交界でも何かと張り合った。
a0130272_1735418.jpg

a0130272_1735438.jpg



★愛人エリザ・レイチェル・フェリックス
1821-1858 37歳没
女優
a0130272_1735571.jpg

a0130272_1735659.jpg



★愛人ハリエット・ハワード
1823-1865 42歳没

ナポレオンと激しい恋に落ちたハリエットは夫を捨て
4歳になる息子と財産、召使まで一切合財ひきつれて所帯を構え一緒に暮らし始めた。
ナポレオンが帝政復古を企てた時はハリエットの財産を使った。
こうしてナポレオン3世になった彼は別の女性を皇后にしたのだ。
怒ったハリエットが脅迫すると彼女の留守に側近たちが家探しして
二人の関係の証拠になるものを全部持ち去った。
a0130272_1735678.jpg



★愛人マリアンヌ・デ・リッチ
1823-1912 89歳没
コロンナ・ヴァレフスカ伯爵夫人
a0130272_1735789.jpg

a0130272_1735855.jpg



★愛人ヴィルジニア・オルドイーニ/ラ・カスティリオーヌ 通称ニキア
1837-1899 62歳没

イタリア貴族の娘。イタリア政府からナポレオン3世へ送られたスパイだった。
しかしイタリア人によるナポレオン3世暗殺未遂事件が起きニキアとも手を切ることにした。

任務を成し遂げたニキアはイタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の愛人となった。
その後も次々とそうそうたる人物の愛人となったが
40歳になって美貌の衰えを感じたニキアは自室にこもるようになる。
鏡はすべて外され、鎧戸が下ろされ、部屋は真っ暗だった。
親戚にも友人にも会おうとせず、召使だけが接触した。
そのうち召使も部屋に入れなくなり、生ゴミと汚物の山に埋もれて過ごした。
そして死亡して数日経って発見された。
膨大なゴミと莫大な遺産が残った。
a0130272_173598.jpg

a0130272_173591.jpg

a0130272_17405.jpg

a0130272_174171.jpg



★愛人マリー・クロチルド・ド・リケ
1837-1890 53歳没
メルシー・アルジェントー伯爵夫人
a0130272_17414.jpg



★愛人マルグリット・ベランジェ
1838-1886 48歳没
女優
a0130272_174266.jpg

a0130272_17421.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2003-03-23 00:00 | フランス
<< サクスコブルクゴツキ朝 ボナパルト朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル