直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

ボナパルト家の人々

◆父 シャルル・マリ・ボナパルト
1746-1785 39歳没

*コルシカ島のフランス貴族

a0130272_1725176.jpg





■母 マリア・レティツィア・ボナパルト
1750-1836 86歳没

ナポレオンが皇帝を目指すと反対し戴冠式には出席しなかった。
有名な戴冠式の絵にはナポレオンの命令によって母が描かれている。
皇太后の称号を得ても他の家族のように贅沢をせず質素に生活した。
彼女はフランスに移り住んでからも終生コルシカ語を使い続けた。

a0130272_1725253.jpg

a0130272_1725376.jpg





◆長男 ジョゼフ
1768-1844 76歳没  

a0130272_172531.jpg



■妻 マルセイユの絹商人の娘ジュリー・クラリー 妹はノルウェー王妃デジレ・クラリー
1771-1845 73歳没

a0130272_1725429.jpg

a0130272_1725523.jpg



●ゼナイード・レティシア・ジュリー
●シャルロット・ナポレオーヌ


ジョゼフはきょうだい達の中で一番ナポレオンを最後まで補佐した。
一時スペイン国王ホセ1世として統治した。

ナポレオンが失脚した時にはスイスに亡命。
百日天下で一度フランスに戻るが、
再度失脚した時はアメリカにのフィラデルフィアに逃れた。
最後はフィレンツェで生涯を閉じた。




◆二男 ナポレオン

a0130272_1725598.jpg





◆三男 リュシアン
1777-1820 65歳没     

a0130272_1725695.jpg



■前妻 宿屋の娘 クリスティーヌ・ボワイエ 死別
1771-1800 28歳没

リュシアンは兄のクーデターを成功させた立役者だったが、
ナポレオンがエトルリア女王と結婚させるつもりだったのに、
勝手に平民の女性と結婚したためナポレオンと不和となった。

a0130272_172571.jpg

a0130272_1725839.jpg



■後妻 両替商の未亡人 アレクサンドリーヌ
1778-1855 77歳没

またも家族の承諾なしに再婚したため、ナポレオンは激怒し兄弟は決裂した。
ルシアンはローマに出立し、後にローマの郊外で生涯を閉じた。

a0130272_1725866.jpg

a0130272_1725979.jpg



●前妻の子 Filistine Charlotte.
●前妻の子 Christine Egypte
●後妻の子 シャルル・リュシアン
●後妻の子 etizia
●後妻の子 Jeanne
●後妻の子 ルイ・リュシアン
●後妻の子 ピエール・ナポレオン
●後妻の子 アントワーヌ
●後妻の子 Marie Alexandrine
●後妻の子 Constance 修道女




◆長女 エリザ
1777-1820 43歳没

a0130272_1725945.jpg

a0130272_173025.jpg



■夫 軍人バチョッキ
1762-1841 79歳没

a0130272_173123.jpg



●Elisa Napoléone Baciocchi


美人ではなかったが知的な女性で、文芸と演劇を愛しサロンを作った。
そして、多くの芸術家を愛人として囲った。
トスカナ大公妃の称号を与えられフィレンツェの宮殿に住んだ。
ナポレオンの失脚後はトリエステに逃れた。
最後はトリエステのヴィラで生涯を閉じた。




◆四男 ルイ→子はナポレオン3世
1778-1846 68歳没

a0130272_173152.jpg



■妻 ナポレオンの前妻ジョゼフィーヌの連れ子オルタンス 離婚
1783-1837 54歳没

a0130272_173237.jpg

a0130272_173394.jpg



●ナポレオン・ルイ
●シャルル・ルイ 皇帝ナポレオン3世


二人はナポレオンの命令により結婚するが、
互いに愛を感じられない不幸な結婚であった。
ルイは結婚前から性病と被害妄想的な神経衰弱に悩まされていた。
知的で教養あるオルタンスとも馬が合わなかった。
同居生活は4ヶ月、その後長い別居生活の後に離婚。
オランダ王に命じられるが、精神的の追いつめられてオランダからボヘミアに逃れ、
最後はトスカナで生涯を閉じた。




◆二女 ポーリーヌ
1780-1825 44歳没   
a0130272_173464.jpg

a0130272_173468.jpg



■前夫 軍人ルクレール 死別
1772-1802 30歳没 
a0130272_173546.jpg



■後夫 イタリア貴族カミッロ・ボルゲーゼ
1775-1832 56歳没
a0130272_173689.jpg



●実子ナシ


ポーリーヌは美人で有名であった。
前夫と死別後再婚してローマに住んだが、後夫は同性愛者であった。
そこで彼女は復讐として彫刻家に自分の裸体を造らせた。
ナポレオンは怒り狂ったが
彫刻でPRした彼女の元にはたくさんの男性が集まり情事を楽しんだ。
最後はフィレンツェで生涯を閉じた。




◆三女 カロリーヌ
1782-1839 57歳没    
a0130272_173633.jpg

a0130272_17378.jpg



■夫 軍人ミュラ
1767-1815 48歳没
a0130272_173831.jpg



★愛人メッテルニヒ
1773-1859 86歳没

ナポレオンの片腕と言われた将軍ミュラと結婚、
ミュラは一時国王ジョアッキーノ1世としてナポリを統治した。
しかしナポリ王国を中心としてイタリア全土を統一しようとして
ナポレオンに反旗を翻し、処刑される。
カロリーヌはメッテルニッヒの助力でオーストリアに逃れ、
最後はフィレンツェで生涯を閉じた。


●アシル
●レティツィア
●リュシアン
●ルイーズ




◆五男 ジェローム
1784-1860 75歳没   

a0130272_173979.jpg



■前妻 アメリカの富豪令嬢エリザベス 離婚
1785-1879 94歳没

ジェロームは軽はずみで遊び好きな性格だった。
家族の承諾なしにエリザベスと結婚したため離婚させられる。

a0130272_173963.jpg

a0130272_1731029.jpg



■後妻 ヴュルテンベルク王女カタリーナ 
1783-1835 52歳没

前妻のかわりにナポレオンが選んだ後妻。
ドイツの傀儡国家ウエストファリア王国の国王に命じられるが、
政治的無関心、浪費、不品行によるスキャンダルとナポレオンの失脚により
ヨーロッパ各地を流転することになる。最後はパリで生涯を閉じた。

a0130272_173117.jpg

a0130272_1731198.jpg



●エリザベスの子 ジェローム
不明
●カタリーナの子  同名ジェローム
未婚・病死
●カタリーナの子  マチルド 
ロシア富豪アナトーリー・デミドフと結婚離婚・詩人クロディウス・ポプランと再婚
●カタリーナの子  ナポレオン・ジョゼフ 通称ナポレオン公
イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の娘
マリーア・クロティルデ・ディ・サヴォイアと結婚
 



ナポレオンのきょうだいは戦死や処刑という非業の死を遂げた者はいない
彼らはナポレオンと運命共同体というわけではなく
ヨーロッパ各地の王侯貴族と独自に親交をもっていたことが生涯を全うできた理由であろう。
[PR]
by xMUGIx | 2011-03-03 00:00 | 御貴族様
モンテネグロ王国の姉妹 >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング