直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
以前の記事

ブルボン朝

◆国王ルイ13世
先代アンリ4世の子
1601-1643 9歳即位 42歳没

*ルイはチックをともなう神経症に悩んだ。結核で死亡。

9歳で即位したため、母マリー・ド・メディシスが摂政となった。
しかし成長してからも母が権力の座を譲る気配がないことに不信感を募らせたルイは、
レオノーラ夫妻を殺害し母を幽閉した。
脱出したマリーは息子に反旗を翻したが失敗し国外追放となった。

a0130272_1705633.jpg





■妻 アンヌ・ドートリッシュ←アナ・デ・エスパーニャ イトコ結婚
スペイン国王フェリペ3世の娘
1601-1666 14歳結婚 65歳没

異性であろうと同性であろうとセックス嫌いのルイは王妃に全く関心を示さなかったし、
実権を握る姑マリー・ド・メディシスからは無視された。
アンヌはフランス文化に慣れずスペインの習慣のまま生活を続けたが
人々は彼女の美しさには感嘆した。
夫は何年も妻に近づこうとはしなかった。
業を煮やした側近が王妃の寝室に彼を放り込んで後のルイ14世が生まれた。
結婚23年目のことであった。
それ故にルイ14世はルイ13世の子ではないという説もある。

a0130272_1705712.jpg

a0130272_1705779.jpg





●ルイ14世
次代国王

●フィリップ1世 オルレアン公爵 
イギリス王女ヘンリエッタ・アンと結婚死別、
プファルツ選帝侯エリーザベト・シャルロッテと再婚




★王妃の愛人 バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ
1592-1628 36歳没

アンヌはイギリス国王ジェームズ1世の「愛人」バッキンガム公と愛人関係になった。

a0130272_1705883.jpg



★王妃の愛人 マザラン枢機卿
1602-1661 59歳没

夫の死後は宰相マザラン枢機卿を愛人にした。

a0130272_1705851.jpg





★王の愛人 マリー・ド・オートフォール
1616-1691 75歳没

*ルイ13世は30歳の頃、リヨンで出会った美少女に一目惚れする。
ルイ13世にとって初恋だった。しかしセックス恐怖症だったルイ13世は、
何時間も狩猟の話を聞かせたり、マリーのためにジャム作りを始めたり、
二人の仲はなかなか進展しなかった。

a0130272_1705980.jpg

a0130272_171035.jpg



★王の愛人 ルイーズ・ド・ラファイエット
1616-1665 49歳没

*王妃を含む側近たちはルイ13世がとにかく女性に恋愛感情を抱いたことを喜び、
マリーの後釜としてルイーズを送り込んだ。
ルイ13世はルイーズを気に入ったが、何時間も歌を歌わせて眺めているだけだった。

a0130272_171077.jpg

a0130272_171183.jpg

[PR]
by xMUGIx | 2003-03-04 00:00 | フランス
<< ブルボン朝 ブルボン朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング