直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

ヴァロワ朝

◆国王アンリ3世●実子ナシ
先代シャルル9世の弟
1551-1589 22歳即位 38歳没 

*暗殺

即位したアンリ3世は母妃カトリーヌと共に国政を動かすこととなった。
母は彼を「愛らしいお目々ちゃん」と呼んで他のきょうだいが嫉妬するほど溺愛した。
青少年期の彼は子供たちの中で最も出来の良い息子と見られていた。
父や兄たちと違い彼は狩猟や運動にあまり関心を示さなかった。
彼は芸術と読書を楽しむことをより好んだ。

そして女装趣味があり同性愛者でもあった。あだ名は「ソドム閣下」
彼は衣装に凝り、厚化粧をし、香水の匂いをぷんぷんさせていた。
指輪やネックレス、イアリングで飾り立てていた。
国民からは「エルマフロディット(両性具有)の島の女国王」と呼ばれていた。
アンリ3世の宮廷では、男物の衣装は限りなく女性化され、
男性も子供に至るまで国王に倣った。 

アンリ3世は<ミニョン>という美青年たちをはべらせていたが、
ミニョンたちは女性的なタイプではなく、むしろたくましいタイプだった。
美貌も勇気も男気もある美少年たちを選りすぐり、
けばけばしい衣装に派手な化粧をさせた。
アンリ3世は彼らに称号を与え、領地を与え、年金を与え、役職を与え、
政治にも口出しをし始める。

国内はカトリックとプロテスタントの抗争で内戦状態にあった。
アンリ3世には嫡男がないため
フランスの王位継承者第一位はナヴァール国王アンリ4世であった。
しかしアンリ4世はプロテスタントであったため、
カトリック勢力はサン・バルテルミーの虐殺を先導したギーズ公爵アンリを支持した。
そこで信仰より王位の正当性を重視したアンリ3世はギーズ公爵を暗殺し、
ナヴァール国王アンリ4世を後継者に指名した。
そんな時アンリ3世の元に一人の僧侶がやってきた。
彼はカトリックの暗殺者だったのだ。
アンリ3世は腹を短剣で深く突き刺され絶命する。

a0130272_1702660.jpg





■妻 ルイーズ・ド・ロレーヌ=ヴォーデモン
メルクール公爵ニコラの娘
1553-1601 22歳結婚 48歳没

アンリが秘かに憧れていた
コンデ公アンリの妻マリー・ド・クレーヴに似ていたことから妻にした。
しかし形ばかりの夫婦でロレーヌは鬱になっていった。
夫が暗殺されるとシュノンソー城に引きこもり居間を白と黒に塗らせ
死ぬまで白い喪服を着て城内をさまよい歩くようになり、「白い夫人」と呼ばれた。

a0130272_1702725.jpg

a0130272_1702783.jpg





★愛人ルネ・ド・リュー 通称:美しきシャトーヌフ
1550-1586 36歳没

*男色にふけるアンリ3世を心配した母妃カトリーヌが、
自分が持つ300人の美女からなるくの一軍団<エスカロドン・ヴォラン>の最高の美女
ルネ・ド・リューを選んで息子に与えた。
目論見通り、アンリ3世はルネに溺れる。

a0130272_1702960.jpg





★憧れの人 マリー・ド・クレーヴ フランス国王アンリ4世のイトコ
クレーヴ=ヌヴェール公爵の娘/コンデ公爵アンリ1世の前妻
1553-1574 19歳結婚 21歳没

*アンリ3世は美貌で有名だった人妻マリーに一目惚れ、熱烈な崇拝を捧げる。
夫と離婚させて結婚しようとするがマリーの死亡によりかなわなかった。

a0130272_1703072.jpg





★愛人 ヴェロニカ・フランコ
1546-1591 45歳没
ヴェネツィアの高級娼婦

*アンリ3世はフランス国王になる前はポーランド国王だった。
ポーランド国王としてヴェネツィアに招待された時に知り合った愛人。
ヴェネツィアの高級娼婦の中でも最高の美人と謳われていた。

a0130272_1702955.jpg





★愛人Louise de La Beraudiere du Rouhet/La belle Rouhet
1530-1586 56歳没

a0130272_1702816.jpg





母カトリーヌ・ド・メディシスは息子アンリ3世が女に興味を持たないので苦労したというけど、
愛人に女性が多いのはどういうわけか?
ゲイでもバイでもなく、単なる女装趣味者だったんじゃないのか。
[PR]
by xMUGIx | 2003-02-17 00:00 | フランス
<< ブルボン朝 ヴァロワ朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング