直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

カペー朝

◆国王ルイ7世
先代ルイ6世の子
1120-1180 17歳即位 60歳没

*修道院に育ち神への祈りと献身を何よりの生き甲斐とする物静かな王子であったが
兄のフィリップ王太子が早逝したため即位した。

a0130272_1601941.jpg





■妻 アリエノール・ダキテーヌ  アキテーヌ女公 離婚
仏語名 アリエノール/エレアノール 英語名 エレノア/エリナー
1122-1204 82歳没

*15歳でフランス国王ルイ7世と結婚、子供2人生み離婚、
30歳でイギリス国王ヘンリー2世と再婚、子供7人生み別居、82歳没。
フランス王妃とイギリス王妃になった稀有な女性である。

≪フランス王妃としてのアリエノール≫
アリエノールは最初フランス王太子ルイと結婚した。
ところが結婚当日父王ルイ6世が亡くなったため花婿はルイ7世として即位した。
アリエノールは結婚と同時にフランス王妃となったのである。
しかし今までルイを意のままに操っていた僧侶は王妃に強い警戒感を覚えた。
そこで毎晩夫婦のベッドからルイを連れ去ったため、
結婚15年で王女2人しか生まれなかった。
吟遊詩人の本場で、華やかな恋愛が華ひらくボルドーの宮廷で育ったアリエノールと、
修道院で育った敬虔で地味なルイは水と油、うまく行くはずのない夫婦であった。
アリエノールは「王と結婚したと思ったら僧侶だった」と述べた。

信仰心の厚いルイは十字軍に参加することになった。
宮廷恋愛に夢中なはずのアリエノールも同行すると言い出した。
しかし彼女は手に負えないお荷物であった。
アリエノールにとって物見湯山の旅行に過ぎず、
彼女の衣装、道具、女官だけで一部隊が編成され、行く先々で好き勝手に行動した。
そして夫の苦労も知らず敵対するイスラム軍のプリンスと恋愛した。
ルイは十字軍を中断して帰国するしかなかった。
そして二人は離婚した。


≪イギリス王妃としてのアリエノール≫
アリエノールはルイと離婚してわずか2ヶ月後に
11歳年下のイギリス王ヘンリー2世と再婚した。
これによりアリエノールの領土はイギリスの物になる。
実にフランスの1/3以上の土地がイギリスに渡ったのである。
元夫ルイに対するしっぺ返しである。
さらに毎年のように子供を生み、4男3女をもうけた。
文化の香り豊かな宮廷に育ったので、フランスでもイギリスでも芸術家たちを保護した。

結婚15年が過ぎた頃、ヘンリーが若くて美しいロザモンド・クリフォードを愛人にする。
アリエノールは子供たちを連れてさっさとアキテーヌに戻り夫と別居した。
そして息子たちを父親に造反させたため、夫に捕らえられ15年間幽閉された。
しかし15年後、息子たちが再度造反し勝利を収め解放された。
解放された時アリエノールは67歳になっていたが、体力も気力も少しも衰えていなかった。
次々と王位に就く息子たちを補佐し、
82歳で亡くなるまで<アンジュー帝国>の中枢に君臨した。

a0130272_1602082.jpg

a0130272_1602171.jpg





■2番目の妻 コンスタンス・ド・カスティーユ 死別
カスティーリャ王アルフォンソ7世の娘
1136-1160 18歳結婚 24歳没

a0130272_1602211.jpg





■3番目の妻 アデル・ド・シャンパーニュ 20歳年下
シャンパーニュ伯ティボー2世の娘
1140-1206 20歳結婚 66歳没

a0130272_1602292.jpg

a0130272_1602337.jpg





●アリエノールの子 マリー 
シャンパーニュ伯アンリ1世と結婚

●アリエノールの子 アリックス 
ブロワ伯ティボー5世と結婚

●コンスタンスの子 マルグリット 
イギリス国王若ヘンリーと結婚死別、ハンガリー王ベーラ3世と再婚

●コンスタンスの子 アリス
イギリス国王リチャード1世と婚約破棄、ポンチュー伯ギヨーム4世と結婚

●アデルの子    フィリップ2世 
次代国王

●アデルの子    アニェス 
東ローマ皇帝アレクシオス2世コムネノスと結婚死別、
同アンドロニコス1世コムネノスと再婚死別、
軍人テオドロス・ブラナスと再々婚
[PR]
by xMUGIx | 2003-01-06 00:00 | フランス
<< カペー朝 カペー朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング