直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
御貴族様
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
以前の記事

カペー朝

◆国王ロベール2世
先代ユーグ・カペーの子
972-1031 24歳即位 59歳没

勉強に励み教養が高く信心深く、敬虔王とまで呼ばれたロベール2世だったが、
即位してすぐに女性問題でつまづく。
ブロワ伯ウード1世の未亡人と不倫関係になり、
妻ロザーラと離婚してベルトと再婚する。

しかしローマ教皇はこれを許さずロベール2世は破門されてしまう。
ロベール2世は表向きベルトと別れて破門を解いてもらうが、
隠れて同居を続けたため、破門と許しが繰り返される事態となる。

周囲に多大な迷惑をかけた再婚だったが、
ベルトに子供ができなかったため結局離婚、新妻コンスタンスと再々婚。
しかしコンスタンスは家庭ではわがまま放題、
政治にも口を出すという気性の激しいタイプで、
嫌になったロベール2世はコンスタンスと別れてベルトと復縁したいと
ローマ教皇に申し出るが、相手にされなかった。

長男のユーグが反乱を起こし、続いて二男アンリと三男ロベールも反乱を起こした。
息子たちと戦っている最中に戦死した。
a0130272_160864.jpg





■最初の妻 ロザーラ・ディタリー バツイチ 離婚
イタリア王ベレンガーリオ2世の娘
937-1003 66歳没●実子ナシ

フランドル伯アルヌール2世の未亡人。
父王が多産であることを見込んで息子の妻とした。
父王の死後、2番目の妻ベルトと愛人関係となったため、ロザーラを離婚する。
a0130272_160845.jpg





■2番目の妻 ベルト・ド・ブルゴーニュ バツイチ 離婚
ブルグント王コンラートの娘
964-1010 46歳没●実子ナシ
19歳でブロワ伯ウード1世と結婚
32歳でロベール2世と再婚離婚

ブロワ伯ウード1世の未亡人。
最初の妻を捨て、愛人関係にあったベルトと再婚したが、
マタイトコだったため教皇はこれを近親結婚として婚姻の無効を宣告した。
それでも同居を続けた二人に対して、神の怒りを恐れた家臣や召使までもが避け始めた。
さらにベルトとの間に子供ができなかったこともあってベルトを離婚する。
a0130272_160955.jpg





■3番目の妻 コンスタンス・ダルル 幽閉のまま死亡
アルル伯ギヨーム1世の娘
986-1034 15歳結婚 48歳没

吟遊詩人を連れて嫁いできて恋の歌を歌わせたので、
風紀の乱れに宮廷の人々は眉をひそめた。
ロベールの子供はすべてコンスタンスが生んだ子であるが、
長男ユーグが早逝すると、
二男アンリは嫌いだから三男ロベールを即位させたいと言い出したが、
ロベールはこれを聞き入れずアンリを即位させた。
そこでロベールの死後アンリに反旗を翻したため、幽閉され死亡する。
a0130272_160989.jpg





すべて3番目の妻の子
●アドヴィザ 
ヌヴェール伯ルノー1世と結婚
●ユーグ 王太子 早逝
●アンリ1世 次代国王
●アデル 
ノルマンディー公リシャール3世と結婚、フランドル伯ボードゥアン5世と再婚
●ロベール1世 
エリー・ド・サミュールと結婚離婚、エルマンガルド・ダンジューと再婚
●ウード
[PR]
by xMUGIx | 2003-01-02 00:00 | フランス
<< カペー朝 カペー朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル