直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

アブスブルゴ朝

◆国王フェリペ2世
先代カルロス1世の子
1527-1598 29歳即位 71歳没
a0130272_19195443.jpg

a0130272_1924227.jpg

フェリペはスペインを中心とするカトリックによる世界統一という夢に
生涯取り憑かれた人物であった。
各地に副王を置き自分はマドリードの執務室で統治を行った。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当時の記録

中背で赤毛に青い目、ピンクがかった白い肌、下唇は厚く下がっているが
全体としてかなり感じが良い。しかしとても用心深く無口で社交的ではない。
狩猟と乗馬は得意で音楽とダンスが上手い。建築と数学を好む。
演劇や闘牛は好きではない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フェリペが動くと血が流れるとまで言われた彼も、父と同じ通風に悩まされ71歳で亡くなった。


フェリペは4回結婚して、すべて死別している。


■最初の妻 マリア・マヌエラ・デ・ポルトゥガル イトコ結婚
ポルトガル王ジョアン3世の娘
1527-1545 16歳結婚 18歳没
a0130272_19202328.jpg

a0130272_1930580.jpg

フェリペの母はポルトガル出身だったので、彼も自然とポルトガル贔屓になった。
二人はポルトガル語で会話した。
ふっくらしてほがらかな妻は口数の少ない社交下手のフェリペに喜びを与えたが死別。


■2番目の妻 イギリス女王メアリー1世
イギリス国王ヘンリー8世の娘
1516-1558 38歳結婚 42歳没●実子ナシ
a0130272_19385481.jpg

a0130272_1939112.jpg

父カルロス1世の命令でイギリス女王と政略結婚する。
目的はイギリスのカトリック化と跡継ぎを作ることであった。
メアリーは父のいとこにあたる。
12歳も年上のメアリーはすごく痩せていて眉が無く頭が禿げていたのでカツラをつけており
歯槽膿漏で歯をいくつか失くしていた。
メアリーは貴公子のフェリペに一目惚れするが、フェリペは礼儀正しくメアリーを大切にするのは
自分に与えられた任務としてこなしていただけであった。
カトリック化を果たし跡継ぎは絶望的とわかるとフェリペはわずか1年でスペインに帰ってしまう。
父カルロス1世の死と重なったためメアリーの葬儀にも参列しなかった。
そしてその異母妹エリザベス1世に求婚するが断られる。


■3番目の妻 イサベル・デ・バロイス←エリザベート・ド・ヴァロワ
1546-1568 14歳結婚 22歳没
a0130272_20527.jpg

a0130272_2051652.jpg

イサベルはフェリペ2世の息子ドン・カルロスと結婚する予定だったが
ドン・カルロスの精神異常が重くなったため父王フェリペ2世と結婚することになった。
祝宴の際に馬上槍試合に参加した花嫁の父フランス王アンリ2世は
モンゴメリー伯の槍に目を貫ぬかれ死亡した。
縁起でもないスタートになった。
宮廷はフランス風になり贅沢な遊びをし豪華な調度品に囲まれ、
最新流行の衣装を着たイサベルの女官であふれていた。
おしゃれで浪費家のイサベルはフランスから仕立師を呼んで自分や女官の衣装を作らせ、
化粧品や香水にも凝っており、一度着たドレスは二度と着なかった。
フェリペは彼女に甘く贅沢三昧を許していたが死別した。


■4番目の妻 アナ・デ・アウストリア←アンナ・フォン・エスターライヒ
オーストリア皇帝マクシミリアン2世の娘 伯父と姪の近親再婚 22歳年下
1549-1580 19歳結婚 31歳没
a0130272_20203120.jpg

a0130272_2021558.jpg

フェリペの妹でスペイン王女であった母マリアから
スペインに対する尊敬を植えつけられていたアナはフェリペの良き妻となる。
スペイン語を話せるアナとは親類の安心感があった。
次々と子供が生まれ穏やかなアナと一緒にフェリペにも静かな暮らしが訪れる。
フェリペは一日に3回必ず王妃の部屋に行った。


●最初の妻の子 ドン・カルロス 皇太子 早逝
●3番目の妻の子 イサベル・クララ・エウヘニア 
オーストリア大公アルブレヒトと結婚
●3番目の妻の子 
カタリーナ・ミカエラ サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ1世と結婚
●4番目の妻の子 フェリペ3世 次代国王




★愛人アナ・デ・メンドーサ/エーボリ姫
1540-1592 52歳没
a0130272_1504036.jpg

a0130272_1504135.jpg



■夫 ルイ・ゴメス
1516-1573 57歳没
a0130272_1504276.jpg

a0130272_1504273.jpg



★エーボリ姫の愛人アントニオ・ペレス
1540-1611 71歳没 
a0130272_1504363.jpg

メリート公ディエゴ・デ・メンドサの一人娘で、
フェンシングで右目を失っていたが美貌と才能にあふれた女性だった。
12歳の時に24歳年上のエーボリ公ルイ・ゴメスと結婚、幸せな結婚生活を送り9子をもうけた。
夫の死により修道院に隠遁するが、奔放な性格に変貌する。
3年後マドリッドの宮廷に戻り情事を楽しむようになる。
フェリペとも関係があったという。
そのうちフェリペの側近アントニオ・ペレスと恋愛関係となる。
二人が国家反逆計画を企てたとしてフェリペ2世はペレスを追放しアナを幽閉する。
疑問の多い事件であったが、幽閉のまま死亡した。
[PR]
by xMUGIx | 2006-01-11 00:00 | スペイン
<< アブスブルゴ朝 アブスブルゴ朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング