直球感想文 洋館

2017年 更新中
by xMUGIx
カテゴリ
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
ザクセン
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ノルウェー
バイエルン
フランス
ブルガリア
プロイセン
ベルギー
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
朝鮮
中国
その他
以前の記事

トラスタマラ朝

◆女王フアナ(カスティーリャ=アラゴン連合国女王)
先代女王イサベルの子
1479-1555 25歳即位 76歳没 幽閉のまま死亡
a0130272_1501434.jpg

a0130272_1501542.jpg



■夫 オーストリア皇太子フィリップ
オーストリア皇帝マクシミリアン1世の子
1478-1506 18歳結婚 28歳没
a0130272_22181177.jpg

a0130272_1501629.jpg



二人の結婚決まる。

フアナは120隻の船でフィリップが治めるブルゴーニュ公国へ嫁ぐ。

夫婦仲は良く次々と子供が産まれるが、すぐにフィリップの浮気癖が始まる。
フアナは精神的に不安定になる。

兄の皇太子フアンの死亡により、王位継承権の関係で夫妻スペインに向けて出発。
フランスのルイ12世と親睦を深めたいというフィリップの希望により
フランスに1年半も滞在して寄り道。

スペインに到着するも、飽き飽きしたフィリップは、
身重のフアナを置いてブルゴーニュへ帰ってしてしまう。
またしても各国に寄り道をして、ブルゴーニュに到着したのは1年後。

フィリップの元へ行きたいと言うフアナは異常行動を取る。
うなる、大声をあげる、食事をとらない、眠らない、
「歩いてでも帰る」とわめきながら、雪の日に裸足で城の門を揺さぶり続けた。
とうとう母王イサベル1世も匙を投げる。

フェルナンドは無事に生まれるが、フアナは赤ん坊を置いてすぐにフィリップの元へ帰国。
当然愛人を作っていたフィリップの相手をハサミで切り付け、
丸坊主にした挙句、顔にもケガをさせる。

フェリペはうんざりして、フアナを幽閉する。
食事・睡眠を拒否して、壁を頭にぶつけることを繰り返した。

イサベル女王の死亡により、王位継承権の関係で夫妻スペインに向かう。
スペインのブルゴスでフェリペ突然病死。暗殺説もある。

フアナ、フェリペの遺体をブルゴスからグラナダの王室礼拝堂まで運ぼうとする。
フェリペの棺を担いだ葬列は、明るいうちは移動せず
夜中にロウソクを灯して荒野の中を進んだ。
フアナはフェリペが生き返っているかもしれないという期待から、毎日棺の蓋を開けた。
葬列は2年もかかってグラナダに到着する。

父王、フアナを幽閉する。
着替え・入浴・食事・睡眠を拒否する。

父王、嫡男を得るために再婚するが死亡。

スペインを相続した息子のカルロス1世もフアナの幽閉を解かず、
46年間の幽閉のまま死亡。
死ぬまで、「ヨ・ラ・レイナ」(我、女王)とサインをした。


フアナは美人で楽器や歌や踊りに優れ語学の才能に秀でた宮廷自慢の王女だった。
またカトリックの戒律を忠実に守り一日に3回お祈りをするという
ある意味では典型的なスペイン女でもあった。
フィリップと対面した時、
「フィリップ美公」と呼ばれた彼の凛々しさにフアナはすっかり魅せられた。

フィリップは享楽的で遊び好きだったが
これまで体験したことのなかった異国情緒あふれる新妻に夢中になった。
しかし新鮮さが薄れると元来の性格が出てすぐにフアナに飽きた。
フアナは夫の浮気に対する嫉妬から病的なヒステリーを起こすようになる。

母方の祖母ポルトガル王女イサベルが精神異常であった。
祖母は母王イサベル1世を出産後、一人座って何時間もじっと遠くを見つめるようになる。
さらにはヒステリーを繰り返すようになり、最後には誰の顔も見分けられなくなった。
母王はフアナに祖母の病気が遺伝していることを痛感した。




●レオノール
ポルトガル国王エマヌエレの計3回の3番目の妻・死別、フランス国王フランソワ1世の後妻
●カルロス オーストリア皇帝カール5世/スペイン国王カルロス1世となる
●イサベル 
デンマーク王クリスチャン2世と結婚
●フェルナンド オーストリア皇帝フェルディナント1世となる
●マリア 
ハンガリー・ボヘミア王ラヨシュ2世と結婚
●カタリナ 
ポルトガル王ジョアン3世と結婚
[PR]
by xMUGIx | 2006-01-07 00:00 | スペイン
<< トラスタマラ朝 トラスタマラ朝 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル